太陽光発電・シミュレーションの活用

太陽光発電・シミュレーションを実施することで、発電用の目安を推定することができます。メーカー別のシステムごとに様々な利用シーンにおける条件を入力することで、出力される電力量を知ることができます。例えば、ソーラーパネルを設置する向きや傾斜なども、パラメータとして入力することでより精度の高いシミュレーションとすることができます。その結果をもとに必要とされる設備の規模や、メーカーやシステムを選択し、設計を最適化していきます。設置費用を無駄にしないだけでなく、月別の発電量を想定し、生活に必要な電力を差し引いた残りを売電するする収支計画を立案することにも役立てる事ができるのがメリットです。各メーカーの公式ページにおいて、シミュレーションサービスが提供されいますので、実際に使ってみる事で理解が深まります。

太陽光発電の効果をシミュレーションしてみる

太陽光発電システムの中心となっているのは太陽電池です。2012年に固定価格買い取り制度が実施されてから急速に普及してきました。住宅用は一時低迷と言われましたが現在でも安定して拡大をし続けています。太陽電池は、太陽の光エネルギーを吸収することにより直接電気に変換してくれるエネルギー変換素子のことを指します。シリコンなどの半導体で作られているのでここに光が当たることによって日射強度に比例して発電します。太陽光発電を取り入れるメリットとしてはやはり経済的な面が大きいでしょう。売電収益を得ることが出来るからです。住宅用の場合は余剰電気の買い取りをしてもらえるので電気代の節約へと繋がることが期待されます。10年あれば初期投資費用が回収できると言われていますので、更にその後10年間に初期投資分も回収できます。20年で資金が倍になることも見込めるということです。一度シミュレーションをしてみて、検討してみると良いでしょう。

太陽光発電のシミュレーションで事前準備

「エコ」がますます推し進められている現代、省エネでエコに貢献したいと考えている人は多いです。また、電気料金を節約したいと考えている人も増加しています。そんな状況から、太陽光発電の需要は一般家庭を中心にかなり高まっています。しかし太陽光パネルなどの発電機械は値段がかなり高いです。しかも、場所や環境によっては上手く機能しなかったりします。せっかくの機械や熱意や多額のお金を無駄にしないための方法として、太陽光発電のシミュレーションができます。シミュレーションでは色々なことを知ることができます。設置にいくらかかり、発電量はどれくらいで、電気代換算でどれくらいで元がとれるのか、事前にシミュレーションして知っておくべきでしょう。エコに貢献する方法は太陽光発電だけではありません。事前に準備をし、様々なことを試してみるのが重要です。

安心の実績と経験を活用し、太陽光発電の遠隔監視システムをご提供しております。 フィールドロジックでは、お客様のご要望に合わせてさまざまなデザインやオリジナルコンテンツをご提案しております。 アプリケーション開発は、ブランディング、メディア展開、プロモーションなど、さまざまなニーズに合わせてご提案させていただきます。 太陽光発電のシミュレーションなら当サイトへ

Menu

TOP