Menu

費用を安く抑えて作るオリジナルTシャツ

企業や学校、スポーツチームでなどで、オリジナルTシャツを作る人が増えています、今はネットで簡単に申し込みができて、用途に合ったTシャツが安く作れます。オンラインでデザインツールを使ってデザインできるため、デザインの経験がない方であっても直観的な操作でデザインできるので、気軽に作ることができます。コストを抑えたいなら、いくつかのサービスから比較検討することをおすすめします。オリジナルTシャツの値段は、デザインの内容、プリントの方法、色数やプリント箇所、Tシャツの素材、注文枚数などによって変わります。制作費用をメインに考えるとどうしても品質に影響が出てしまいます。せっかく作るのであれば長く愛用したいですね。安さを基準に選ぶ場合も、土台となるTシャツの素材だけはしっかりしたものを選びましょう。Tシャツのメーカーが記載されたタグがあるかどうかがポイントとなります。

オリジナルTシャツの費用に影響する印刷方法について

オリジナルTシャツのプリントは、1種類ではありません。よく使用されているのは「インクジェットプリント」で、そのほか「シルクスクリーン」や「昇華転写」があります。インクジェットプリントはデジタルデータをそのままプリントできる方法で、デザインの再現性が優れているため、写真をプリントする場合にも高いクオリティーを維持します。インクを一度に吹き付ける方法ですので、フルカラー対応です。インクカートリッジの容量を考えても大量印刷には向かないので、少ない枚数の制作に向いています。シルクスクリーンは昔からある印刷方法で、穴の開いた版にインクを流して行います。こちらは大量生産向きで、同じデザインを何枚でも作ることができます。そのため1枚あたりの費用は安くなります。インクを生地の深い部分にしみ込ませず、色褪せにくく耐久性があるのでお手入れも便利なので、アパレルメーカーでもよく利用されています。

オリジナルTシャツの印刷方法による費用と特徴の違い

前述のように、印刷方法をオーダー数に応じて変えることで、最適な費用でオリジナルTシャツを作ることができます。大量オーダーの場合のシルクスクリーンには、安く作れるメリットがありますが、反対に色数を多くすると高くなるといったデメリットもあります。もしもコストを抑えるのであれば、単色プリントがおすすめです。デザインも複雑なものは表現できないため、シンプルなものが理想です。昇華転写プリントは専用の紙に印刷されたデザインを熱で染めこむ方法で、はがれたり、ひび割れたりすることのないプリントの耐久性が非常に強い方法です。そのためポリエステルなどの熱に弱い生地は使えず、アイロンできない素材となるのがデメリットです。以上のようにプリント方法の違いで、向き不向きやコストの差がありますので、実際にオーダーしたいデザインや枚数に応じて決めるのがおすすめです